トップページ ご挨拶 構造図ダウンロード 会員一覧 カタログ請求 お問合せ 会員専用ページ
ユニホールについて ユニホールの施工 ユニホールの耐震性 ESジョイント他 よくあるご質問
特長 種類 技術審査証明書 施工手順

施工手順(直接取付け)

1.底版及び管取付壁を所定の位置に設置し、ESジョイントを拡張バンドで管取付壁に直接固定する。 2.取付け管を所定の位置まで差し込む。 3.ESジョイント締付バンド(一本目)をセットする。
4.ドライバーで締付ける。 5.締付バンド(二本目)をセットし締付け、管を固定する。 6.管取付け完了。

施工手順(支管取付け)

1.底版及びあらかじめ工場にて支管を取り付けた管取付壁を所定の位置に設置し、ESジョイントを拡張バンドで管取付壁に直接固定する。 2.ESジョイントに管を差し込む。 3.管をマンホールの内径に合わせて位置を決め、セットする。
4.ESジョイントに締付バンド(一本目)をセットする。 5.ドライバーで締付ける。 6.締付バンド(二本目)をセットし締付け、管を固定する。
※施工後の可とう性を確保するため、マンホールと管の間に弾性充填材を用い、仕上げを行う。

Copyright (C) 2004 Japan Unihole Industrial Association. All Rights Reserved.